社内に散らばる情報を一つに集約できるアプリ「Shared Tree」を無償提供開始

プレスリリース

株式会社ケイズコーポレーション(東京都港区 代表取締役社長:神林 幸一)は、社内に点在するFAQや情報、資料の一元管理と蓄積が可能なアプリ「Shared Tree(シェアードツリー)」の無償提供を、セールスフォース・ドットコムが提供するビジネスアプリのマーケットプレイスであるSalesforce AppExchangeで開始します。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワークを実施している、または実施を検討している企業を対象に、4月から12月末まで9か月間の無償提供を開始します。

【提供概要】
■無償提供の背景と目的
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い企業におけるテレワークが広まる中、別々の場所で働く社員同士のスムーズな情報やノウハウの共有、迅速な意思疎通が課題となっています。このような状況を解決し、快適なテレワークの実現を目的として、「Shared Tree」の無償提供を行います。

■無償提供期間:2020年4月1日(水)~2020年12月31日(木)(予定)
※今後の状況を受けて、無償提供期間の延長も検討します。

■Shared Treeについて
セールスフォース・ドットコムのビジネスアプリマーケットであるAppExchangeで提供される生産性向上アプリです。社内に点在するFAQや情報、資料の一元管理と蓄積が可能です。
会社ごとのオリジナルのカテゴリ分けによる情報の整理や、質問から回答、共有までの流れをスムーズに実行できるので操作は簡単。
カテゴリ検索、キーワード検索も対応しているので非常に便利です。
情報共有をスムーズに行い、社内コミュニケーション活性化の一助となれる、とても便利なツールです。

詳しくはこちら
HPサイト
https://www.keizu.co.jp/sharedtree/

■無償提供の諸条件:
新型コロナウイルス感染拡大の予防を目的としたテレワーク実施企業あるいはこれから実施を予定している企業

■Shared Treeに関するお問い合わせ先:
カスタマーサポート本部(千葉、古川宛て)
TEL:03-5510-3451

<新型コロナウイルス感染症に関する当社対応について>

このたび、株式会社ケイズコーポレーションでは新型コロナウイルス感染症の拡大を予防し、従業員およびその家族、関係者各位のリスクの軽減を目的として、対策を講じております。

ケイズ各拠点からの感染者は出ていないものの、新型コロナウイルス対策の政府の対策基本方針に従い、感染拡大のリスクを可能な限り低減させる趣旨から、東京オフィスならびに大阪オフィス、名古屋オフィス、ベトナムオフィス勤務の社員を対象に在宅勤務を実施しております。

【実施概要】
・期間:2020年3月30日(月)~5月6日(水)
※終了時期は状況に応じて変更する場合があります。
・対象者:東京オフィス・大阪オフィス・名古屋オフィス・ベトナムオフィス勤務の社員(パート社員含む)
・実施内容:在宅勤務
※業務上出社が必要な場合は、時差出勤等を活用して混雑時の感染拡大を防止
(政府の基本方針、およびケイズの拠点が所在する各自治体の方針に沿って対応をいたします)

在宅勤務体制期間中も通常通り業務を行い、取引先や関係者様への影響が最小限となるよう努力してまいります。なお、在宅勤務の実施に伴い、お問い合わせにつきましては、原則、お電話ではなく担当者宛にメールにてご連絡頂きますようお力添えいただけますと幸いです。

安全確保を最優先に、持続的な事業運営の実現のため、より一層体制強化に努めてまいります。
ご不便をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ケイズコーポレーション
https://keizu.co.jp/inquiry/

関連記事