ガントチャート画面で仕事の進捗を見える化!

導入先企業様について

1992年、日本で初めてインターネットの商用化を目的とした会社として設立。
インターネット接続サービス、WANサービスおよびネットワーク関連サービスの提供、ネットワーク・システムの構築・運用保守、通信機器の開発や販売をおこなっています。

事例の概要

ガントチャート画面を開発しました。
その結果、ユーザ個人が自分のタスクを、上長が部下のタスクを、プロジェクトのPMが自分のプロジェクトのタスクを、それぞれダッシュボードやレポートで確認することができ、管理が今までよりスムーズになりました。

導入前の課題・背景

  • 期限日ベースのタスク管理ができていない(タスクにすぐに着手することができない)。
  • 人的な進捗管理ができていない(プロジェクト進行状況がリアルタイムに見えない)。
  • 社内での非効率なコミュニケーション(タスク進行上の課題解決に時間がかかる)。

導入の狙い

  • 着手ベースのタスク管理。
  • プロジェクト進捗の見える化。

導入クラウド

  • Lightning Platform

導入後の効果

2018年12月中頃から開発を始め、2019年3月末に完成しました。
プロジェクトやタスク状況が一目でわかるため、誰がいつまでに何をしなければならないのか?進捗はどうなのか?が即座に把握できるようになりました。

導入までの具体的エピソード

システム構築等を実施されている会社のため、実装にあたり的確なご指摘やアドバイスをいただくことが多々ありました。
こちらが出した案よりも良い案がIIJ様から出てきたこともしばしば(笑)。
振り返ると、私達のほうが物事を難しく考えすぎてしまっていたところがあり、シンプルに要件を満たす且つ、システム的矛盾がないような提案は無いか?を念頭に最善の策を一緒に考えて進めていきました。

約半年間が経った今も、非常に良いお付き合いをさせていただいています。
現在(2019年11月)、ツール利用ユーザをさらに増やすべく、エンハンス対応にて定期的に打ち合わせの場を設けていただき、機能改善のリリース検討・実施をおこなっています。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください

下記、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。
経験豊富な当社スタッフが親身に対応いたします。

TEL:03‐5510‐3451 (受付時間 9:00~18:00)

※土日祝日、年末年始、ゴールデンウィーク期間は翌営業日以降の対応とさせていただきます。