業界未経験からジャンプ。
IT知識ゼロを活かす。

クラウド事業本部 マネージャー Mさん  
■ これまでのキャリアは?

入社して5年目になります。入社する前は、舞台役者をしていました。当然ながらスキルゼロ。
パソコンを開いても何をしていいのかまったく分からない状態でした。まず自分に課したことは、お客様とのミーティングで上司が喋ったことを記憶しそっくりそのままマネをすること。
これを毎日繰り返し続けました。この部分に関しては、役者だったことが役立ったといえるのかもしれません。私たちの仕事は、お客様のところへ直接伺い、業務内容を聞き、それをシステム開発に落とし込むことです。コミュニケーション力と基礎的な理解力さえあれば必ずしもシステム詳細に精通していなくてもできることともいえるのです。方針を聞きブレイクダウンができれば、あとはシステム上の手法は詳しいメンバーと理想形について討議を重ねれば良いと考えています。

■ キャリアの中で一番うれしかったことは?

仕事のモチベーションが上がるのは、人から評価されることだと思います。 頑張っている人を逃さずウォッチし、成果を正確に評価する。そういった能力が極めて高い会社だと感じています。お客様から、社内から、任された業務が正しく評価される。これ以上の喜びはないのではないでしょうか。

■ やりがいとは?

給与面でお話すれば、ケイズの長所は“プロジェクトへの貢献度が昇給に反映されるという考え方で、積み上がれば年間の表彰にもつながり、給与面でのフィードバックが分かりやすい仕組みになっています。
会社は資格試験を推奨していて、資格を取得するとすぐに給料に反映されもします。チャレンジの結果が評価としてダイレクトに返ってくることは大いにやりがいにつながっています。

■ 入社ご希望の皆様へ

思い切ってお芝居の世界から転身、IT知識ゼロでスタートした私。現在は、マネージャーとしてメンバーを育成する立場になりました。
今も“人の話を聞けること”が仕事の第1ステップと認識しています。「IT業界であるから」という特有の垣根は存在しません。意欲があれば思い切ったチャレンジや冒険も許される会社で、自信に満ち溢れた仲間の暖かいバックアップがあります。皆さんも思い切ったスタートを切ってみてください。我々社員が全員で応援します。